忌野旅日記 忌野清志郎/著 新潮社

良い

本人のあとがきが良かった。

(池田市立図書館書評)
[PR]
# by OkawGhumpe | 2009-12-29 03:15 | 図書館書評

第八森の子どもたち エルス・ペルフロム/作 福音館書店

良い

長いが、最後の文章がいい。

(池田市立図書館書評)
[PR]
# by OkawGhumpe | 2009-12-29 03:13 | 図書館書評

母に歌う子守唄 その後 落合恵子/著 朝日新聞社

日本語

最後のページの最後の一文は、日本語として最高の文章であると思う。

(池田市立図書館書評)
[PR]
# by OkawGhumpe | 2009-12-29 03:11 | 図書館書評

フェミの嫌われ方 北原みのり/著 新水社

いいですね

北原みのりさんは大好きです。

(池田市立図書館書評)
[PR]
# by OkawGhumpe | 2009-12-29 03:08 | 図書館書評

貧困なる精神 X集 大江健三郎の人生  本多勝一/著 毎日新聞社

大好き

本多勝一さんの数ある著作の中でも私にとってはこれが代表作。好き嫌いが分かれるでしょうが、私は大好きです。図書館にて興味本位に本を手に取って立ち読みした、思えばこれが本多勝一さんとの私の出会いでした。それまでにも読んだことはあったが、この出会いが決定的になりました。本の中の読者の異なる(歯に衣着せぬ)主張のそれぞれが重みをもっています。

(池田市立図書館書評)
[PR]
# by OkawGhumpe | 2009-12-29 03:05 | 図書館書評

長くつ下のピッピ リンドグレーン/作 岩波書店

決定的な影響を受けた

十年以上前、原書が読みたくなってスウェーデン語を勉強し始めたのだが、それまでこの訳で満足していたのは事実。古臭いが(誰もこんなしゃべり方をする日本語話者などいないだろう)、良い訳だ。ピッピは他の出版社からも出版されているが、その中でも大塚勇三訳より良い訳はない。ピッピが日本である程度有名になったのも、訳者の功績によるところが大きいと思われる。ピッピの原書が出版される前の元の原稿『Ur-Pippi』を翻訳したことのある私としては羨望を感じる。

(池田市立図書館書評)
[PR]
# by OkawGhumpe | 2009-12-29 03:03 | 図書館書評

チキン・ノート 萩岩祥子/著 新風舎

良い

イギリスのインディーズ・ロックバンドを主に集めたCD、『Sound of an era』(Vinyl Junkie Recordings)をBGMにして読んだ。これがまた合うんです。

(池田市立図書館書評)
[PR]
# by OkawGhumpe | 2009-12-29 02:35 | 図書館書評

みうたさんの野菜たっぷり料理 江島雅歌/著 農山漁村文化協会

良かったです

レシピ通りに作ることが私は苦手なのですが、みうたさんの料理に関しては、だまされたと思ってその分量通りに作ったところ、そのおいしさに驚愕しました。かなり影響を受けました。

(池田市立図書館書評)
[PR]
# by OkawGhumpe | 2009-12-29 02:33 | 図書館書評

晴夜 池井昌樹/著 思潮社

良い

このビートを感じろってカンジで、衝撃を受けました。

(池田市立図書館書評)
[PR]
# by OkawGhumpe | 2009-12-29 02:31 | 図書館書評

兄帰る 永井愛/著 而立書房

良い

涙が出た。面白かった。

(池田市立図書館書評)
[PR]
# by OkawGhumpe | 2009-12-29 02:29 | 図書館書評

こんにちは、母さん 永井愛/著 白水社

良かったです

永井さんの作品を読む度に私は号泣していた時期がありました。―福江:お前はどこまで阿呆なんだい。今の話で私の不幸はまた倍増されましたよ。


(池田市立図書館書評)
[PR]
# by OkawGhumpe | 2009-12-29 02:27 | 図書館書評

ライ麦畑でつかまえて J.D.サリンジャー/[著] 白水社

さすが

題名だけあまりにも有名で、へそ曲がりな私は長い間読もうとしなかったのですが、さすがに良かった。訳も良い。原文で読んでみたいと思った。


(池田市立図書館書評)
[PR]
# by OkawGhumpe | 2009-12-29 02:23 | 図書館書評

フラニーとゾーイー サリンジャー/[著] 新潮社

良かったです!

最高の評価をしたい。―「ここのうちはきみにはおあつらえ向きにできてるよ。サービスはいいし、簡単に水もお湯も亡霊も出る。これ以上好都合な所ってありゃしまい。」(182頁)―「すごくでたらめなのよ。つまり、言うことがくるくる、くるくる、まわってばかりいるの。」(207頁)―「どう定義してるかって?」と、彼女は言った「何にだって四十ばかしの定義を持ってるわよ、あの人!」(208頁)―「ノーって言ったのよ。」(214頁)英語のnoという音が聞こえてくるようだった。


(池田市立図書館書評)
[PR]
# by OkawGhumpe | 2009-12-29 02:21 | 図書館書評

アストリッド・リンドグレーン ヤコブ・フォシェッル/監修 岩波書店

嬉しい

アストリッド・リンドグレーンが大好きな私としては嬉しい限り。よくぞ図書館で購入してくれました。このような個人では買えない高価な本を置いてこそ図書館の面目躍如ではないでしょうか。写真集ですが、知られていないエピソードもあり。ピッピのモデルか?と言われる人の写真もあり、貴重。


(池田市立図書館書評)
[PR]
# by OkawGhumpe | 2009-12-29 01:56 | 図書館書評

書評を掲載いたします

池田市立図書館のサイトでの私の書評をこちらでも載せます。許可済み。
[PR]
# by OkawGhumpe | 2009-12-28 02:12 | 図書館書評