アイヌ語をフィールドワークする 中川裕/著 大修館書店

日本に生きる者として

言語自体についてはほとんど扱っていない。学者のフィールドワークの状況がつづられる。しかし貴重な記録です。過去の歴史を抜きに今のアイヌ語の状況は語れないが、それを踏まえた現在の、といっても十年前のだが、状況を知ることが出来る。アイヌ語をもっと知りたくなった。
(池田市立図書館書評)
[PR]
by OkawGhumpe | 2010-02-05 00:40 | 図書館書評
<< Twitter社会論 津田大介... 世界の言語ガイドブック 2 東... >>