ブッシュマンとして生きる 菅原和孝/著 中央公論新社

狩猟採集民族についての貴重な資料の概略が含まれています

学生の頃、私は菅原さんの本を愛読していました。菅原さんの新しい思考が含まれた本書の終章は非常に重要だ。身体を通して生きるということは、社会人になり社会の愚劣さを肌で感じ、体が今の社会を拒絶するという経験をした今の私が共感するものであり、励まされているようにも感じた。

(池田市立図書館書評)
[PR]
by OkawGhumpe | 2010-01-25 04:43 | 図書館書評
<< 母よ!殺すな 横塚晃一/著 生活書院 世界の先住民族 アート・デイヴ... >>