はじめて学ぶ日本の絵本史 1 鳥越信/編 ミネルヴァ書房

貴重

特に江戸時代の本が面白く、興味は尽きない。このような本が図書館で読めて幸せです。樺島勝一の『正チヤンの冒険』まで扱っている。

(池田市立図書館書評)
[PR]
by OkawGhumpe | 2009-12-29 04:10 | 図書館書評
<< いちむらみさこ様 あなたもできる!手漉き和紙 斉... >>