エスペラント 田中克彦/著 岩波書店

興味深く面白い

エスペラントの仕組みがいかに優れているかを思い知らされる。著者も私もエスペラントを手放しで賛美はしないが。ghとjhの音素の区別をやめるべきだという主張に賛成。何にしても、イギリス語は「綴りと発音とが病的にかけはなれている」(112頁)(笑)し、それよりはエスペラントがましなことは確かだ。

(池田市立図書館書評)
[PR]
by OkawGhumpe | 2009-12-29 04:02 | 図書館書評
<< 山藤章二の似顔絵塾 山藤章二/... 似顔絵 山藤章二/著 岩波書店 >>