熊谷守一 平凡社

文化勲章拒否の、いい絵を描く画家

色々な人による前半の評論じみた文章が多少うるさいが、自称画家の私にとって、熊谷守一さんの生き方については涙なしには読めない。守一秀子夫婦の会話「貧乏しなければ描けない絵だな」「いい絵でも描かなければ、あんな貧乏した甲斐はないでしょう」(115頁)に涙。裏表紙の言葉「絵描きくさいのはやり切れない。それは大変な欠点です。」には同感。

(池田市立図書館書評)
[PR]
by OkawGhumpe | 2009-12-29 03:19 | 図書館書評
<< 油絵を解剖する 歌田真介/著 ... 表現する仕事がしたい! 岩波書... >>