記事

以下引用。

 「地域の人にあいさつする割合を100%にする」「ルールやマナーを守る割合を80%にする」「将来の夢や目標を持つ児童を83%以上にする」―。
 学校生活も家庭生活も、心の内面までも数値化して目標達成を迫る「『大阪の教育力』向上プラン」です。

(中略)

 「子どもの意欲や感情を尊重せず、まるでロボットのように『善行』を強要するとんでもないプランです。教師たちは『こんな教育壊しには、くみしない』と宣言して子どもたちと向き合っています」。こう話すのは、大阪教職員組合書記長の小林優さんです。

(『しんぶん赤旗』10月15日付14面「学校はいま 第5部 続・先生が大変だ! 12」堤由紀子さんによる記事。)




以下の広告は私の文章ではありません。↓
[PR]
by okawghumpe | 2010-10-15 15:42 | 書評以外の日本語
<< 干し柿 西村豊/写真・文 あかね書房 さびしがりやのトッケビ ハンビ... >>