スマントリとスコスロノ 乾千恵/再話 福音館書店

絵が素敵

兄が弟を殺す心情は分からないけれど、これはひとりの人間だ、という人形つかいの方の指摘は興味深い。絵とも相まって素敵な本に仕上がっている。推薦します。こういう物語こそロジバンやエスペラントで読みたい。多文化が尊重される世界は人工言語から始まる、と私は思っている。

池田市立図書館書評

乾千恵さんが再話、早川純子さんが絵、松本亮さんが監修。



以下の広告は私の文章ではありません。↓
[PR]
by okawghumpe | 2010-10-13 02:24 | 図書館書評
<< 石をとらえたお役人 チャミジョ... パンチョギ ソジュンエ/ぶん ... >>