パンチョギ ソジュンエ/ぶん 少年写真新聞社

絵が素敵

おじいさんおばあさんが子どもがさずかることをいのっていたって、歳はいくつなんだろう。親から連れ去られた女性がその見知らぬ誘拐犯の男性を「気(き)に入(い)っ」って受け入れる、というのは、たとえ昔でも、絶対にありえないことではないか、と私は思う。ハングルで物語が読める付録は高く評価したい。

池田市立図書館書評

ソジュンエさんがぶん、ハンビョンホさんがえ、かみやにじさんがやく。



以下の広告は私の文章ではありません。↓
[PR]
by okawghumpe | 2010-10-13 02:18 | 図書館書評
<< スマントリとスコスロノ 乾千恵... 久保美樹さんの「はだかの子育て... >>