今日の早川さん coco/著 早川書房

めっちゃくっちゃ面白い

少数派同士考え方は違っていても、「一般人」に対しては一緒にプッと笑ってやる、その姿勢は応援したい。登場人物たちはどんな仕事をしているのだろう?この人達の読書の専門分野は私は詳しくないのだが、それらは現実の生活と矛盾するものではないのかな?それについて言及しているような箇所はあるが(72頁)、意味がいまいち分からない。読書が趣味の範囲に収まる、ということは、つまり仕事があってこそ成り立っている、ということであり、その意味では(自称「オタク」と言って「一般人」と距離を置いているにしても)この世の中に順応している人たちだ、と思う。読書の時間を作るために路上生活を選ぶ人もいることを思えば。

(池田市立図書館書評)



以下の広告は私の文章ではありません。↓
[PR]
by okawghumpe | 2010-08-13 00:05 | 図書館書評
<< 今日の早川さん 3 coco/... しにがみのバラッド。 はせがわ... >>