実用ビジネス日本語 TOPランゲージ/著 アルク

すごい

なかなか高度だけど自然な日本語です。私は生まれながらの日本語話者ですが、人工言語のロジバンではどう訳すのだろう、と思いながら読んで、日本語の表現の豊かさに目が回る思いでした。「口にだすことじゃないんだけど、あれじゃない。」(116頁)と「指摘する」一文にはうならされた。ちなみに付属CDにて字の打ち間違いを注意するギブソンさん(118頁)は館長に似ています。

(池田市立図書館書評)

日本語を第一言語としない人向けの本ですね。

聞けば聞くほどそっくりです。何でここだけ館長が出演しているのだろう、と思えるほどに(爆笑)。
[PR]
by okawghumpe | 2010-06-17 15:51 | 図書館書評
<< 日本育英会の借金 芸術とは何か >>