山谷でホスピスやってます。 山本雅基/著 実業之日本社

大推薦

ドヤ街のホズピスについて知ったのは新聞記事からだった。毎年千万円を超える赤字という記述と、連載記事の題名の「希望」という字が、しっくり合っているように感じた。「現代で輝いている人というのは儲けている人ではなくて、赤字の人なのか」と私はその新聞に感想を寄せた。本書はその施設長の著作。共感する部分はある。(資金も)何も無いところから始めるその行動力は見習いたいと思う。燃え尽きてしまう様も具体的に書かれている。介護の仕事に関わってきた者として、介護は人手の数で決まる、ということをここで私は強調して言っておきたい。細かいところで著者のやり方の是非を問う向きもあるかもしれない。しかしここに書かれているのは今の世の中の状況だ。選挙権のある全ての人に本書を勧めたい。

(池田市立図書館書評)
[PR]
by okawghumpe | 2010-04-22 07:25 | 図書館書評
<< 共産党の池田市議会報告 .i mi ma kakne >>