仕事

私は本業は画家なのですが、いよいよ家賃が払えなくなったので、パートをします。

今の世の中、ホームレスになっても働かなければならないのなら、住居を持っているうちに働いた方がいいんじゃないかな、と思いました。

ハローワークで登録して、ある法人からいきなり「今日面接に」と言われて、履歴書を買って、証明写真を撮って、面接に行って、たぶん採用してくれそうです。素早い展開でした。パートだからかな。

前の前の仕事と同じく、認知症の人のグループホームだけど、株式会社ではなくて非営利団体で、本当に普通の日本家屋で、雰囲気が非常に良かった。面接の職員もいい人そうだった。

私は学歴社会に反対の立場なので、履歴書の最終学歴には保育園卒と書きます。

その職員の方は、「保育の学校を出たの?」と誤解しました。「いや、保育園卒ということです」と言ったのですけれど、分かってもらえたかどうか。「違います」と言ったのに対して「残念ね」とは言われましたが、突っ込まれなかったので、学歴は話題になりませんでした。

そういえば、前の仕事を辞めた理由も尋ねられなかったし。

こういう所でなら頑張りたい、と思える所だった。
[PR]
by okawghumpe | 2010-03-23 20:43 | 書評以外の日本語
<< En dikt av Suzu... Kion mi povas f... >>